さやいんげん

【莢隠元】さやいんげん

マメ科 インゲン属 英: common bean Phaseolus vulgaris L.

主な用途 :
和え物、揚げ物、炒め物、汁物などの料理、料理の盛付けに添えたり、彩りに加えたり

莢ごと食べる「やさい豆」

江戸時代に隠元和尚が日本にもたらしたから「いんげん豆」。若莢のうちに収穫して、全体がみずみずしい緑色をした状態で食用とするのが、さやいんげんです。サーベルいんげん、どじょういんげん、平さや、モロッコいんげんなど種類が多く、露地物は6~9月頃に収穫されます。4~5月頃に出回るさやいんげんはハウス栽培されたもの。北海道から沖縄まで栽培がしやすく、1年に3回収穫できることから「三度豆」とも呼ばれます。

カリウムたっぷりの夏野菜

野菜売場に並ぶさやいんげんは、ハウスものや輸入物も合わせて通年入手することが可能です。しかし、旬に収穫されたものは味が濃く、莢もしっかりしています。高血圧を抑制し、利尿作用を促す働きをするカリウム豊富なさやいんげんは、朝穫りした新鮮なものを栄養価を落とすことなく食べたいもの。早朝に畑でちぎったばかりのさやいんげんを、昼ごはんや夕飯に‥‥、量が出回る旬の産直野菜ならでの贅沢な食べ方でしょう。髪の毛や視力、粘膜や皮膚のコンディションを整える働きにすぐれたβカロテンやミネラルを多く含むのも、夏野菜ならでは。軽く下茹でしてスジをとったものを冷凍すると鮮度が衰えにくく、1~2週間は保存可能。料理には解凍せず、凍ったままで使ってください。

手間を省くため開発された「すじなし品種」

さやいんげんの生産量は千葉県、山形県、新潟県などに多く、近年は北海道を上回ります。しかし、日本のさやいんげん消費量の半分は海外からの冷凍さやいんげんで、台湾やタイで生産されたものが多く輸入されています。ここ数年徐々にさやいんげん人気は海外でも高まりつつあり、欧米では「イーダマメ!」と呼んで味わっているとか。L.A.の飲食店では、1皿4ドルほどで提供するさやいんげんを皆、喜んで注文すると聞きました。江戸時代に鮨と並ぶ「日本のファストフード」として広まったさやいんげんは昨今、海外でラーメンと並ぶ「日本(アジア)の新顔野菜」として好まれています。豆類と野菜類の両方の性質を併せ持つさやいんげんは、年代、性別、国境をこえて広く愛される人気食材。冷凍物を流水解凍するだけで食べられる簡易さも然ることながら、枝付きのままを買って自分で調理して食べる醍醐味も、味わっていただけたらいいなと思います。

さやいんげん

どじょういんげん

さやいんげん

モロッコいんげん

さやいんげん

旬は6月から9月の夏野菜

収穫データ

出典:農林水産省平成27年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量

さやいんげん

さやいんげんを使ったレシピ

鶏肉といんげん豆のアジアン炒め

道の駅店頭に並ぶ 旬のやさい豆を使って、酒の肴にも、おかずにもなる炒めものを‥‥

さやいんげん

材料 約2人分

  • いんげん豆 100g
  • 玉ネギ 1/2個
  • 鶏肉(もも肉や胸肉、ささみなど好みで) 200g
  • サラダ油 炒め用に適量
  • 粒ガーリック 少々
  • ショウガ 10gほど
  • タカノツメ 少々
  • ナンプラー 大さじ1〜2
  • レモン汁 仕上げに小さじ1〜
  • 付け合せの葉野菜 お好みのものを適量

作り方

  1. 鶏肉を食べやすい大きさにカットし、ナンプラーと千切ショウガの半分量をまぶしておく。
  2. いんげん豆を水洗いし、2〜3分茹でて湯切り。水に浸して粗熱をとる。茎のほうの固いところを落とし、3〜5cmくらいの食べやすい長さにカット。
    ※いんげん豆を直接炒めるより、湯通しして使うほうがシャキッとした歯ごたえが残ります。
  3. 玉ネギは2cm角くらいに、ショウガは千切りにカット。タカノツメは種をとって輪切りに。
  4. フライパンにサラダ油をひいて粒ガーリック、残りの千切りショウガ、タカノツメを加え、焦げないように弱火で熱して香りを出す。
  5. 玉ネギと鶏肉を炒める。鶏肉は皮の部分を香ばしく焼くように熱する。鶏から出る鶏油(チーユ)も使って鶏肉に火が通るまで時々混ぜながら10分ほど炒める。
  6. 2のいんげん豆を加え、残りのナンプラーを加えて味をととのえる。
  7. 葉野菜をそえて盛りつけ、最後にレモン汁を搾りかける。
おうちで道の駅

PageTop

全国道の駅連絡会

Copyright© All Nippon Michi-no-Eki Network All Rights Reserved.