豆コレクション

国際マメ年と豆の記念日

FAO(国際連合食糧農業機関)の国際ロゴ

2016年は国連が定めた「国際マメ年」です。と言うとたいていの人は、「え、まめねん??」と不思議そうな顔をされます。「国際コメ年」「国際ポテト年」「国際キヌア年」など、これまで野菜や穀物の国際年があり、今年は「豆の年」なのです。
「国際マメ年」とは、どんな年なのか? 答えは簡単。ワールドワイドに「豆を食べましょう!」という年です。タンパク質やミネラルなど栄養価が高く、生活習慣病や肥満の抑制に役立ちます。
農家さんたちの視点に立つと、痩せた土地でも育つ豆を栽培することで土壌改良につながり、翌年は肥料を削減することができます。例えば同じタンパク質でも、動物から摂るのと豆から摂るのでは、その食物を作るために必要なエネルギー量、水の量が大きく異なります。しかも価格も動物性のものより安価に入手できます。植物性の栄養を豆から摂取することで、地球温暖化の緩和にもつながると言われます。
また、日本では考えにくいことですが、全世界には8億人近い人たちの食糧が不足しています。国連の視点にたつと、途上国で多く栽培されている豆を消費することは、食糧不足の解消にもつながるのです。
乾燥状態の豆は、生鮮食品ほどシビアに温度管理しなくても日持ちがしますし、水にもどすと乾燥状態の2倍〜3倍くらいの大きさに膨らみます。非常時や災害時にも、豆は賢く活用できるのではないでしょうか。
「国際マメ年」は、豆の良さを見直し、生産〜流通〜消費を促進するキッカケ作りの1年です。
全国豆類振興会が制定した10月13日の「豆の日」に向け、国際マメ年についての告知を目にする機会が増えています。もし、どこかで見かけたら、「今日は豆を食べようかな」と思っていただけたらうれしいです。
乾燥状態の豆、ゆで豆、蒸し豆、枝豆や三度豆、そら豆などのやさい豆、豆菓子やアンコもののお土産品など、全国の道の駅にもたくさんの豆が並んでいます。

豆の記念日

「え、そんな日があるの?」と、あまり知られていない記念日が日本にはたくさんあります。語呂合わせ、慣習、伝承などにより定められた豆にまつわる記念日を紹介します。(このコラムをご覧になって「他にもあるよ」とご存知の方は、ご連絡をいただければ追加しますので、教えてください。当会HPのお問い合わせよりご連絡ください)
●2月3日「大豆の日」…節分の豆まきに煎った大豆をまいて邪気を祓い、集めた大豆を年齢の数だけ食べることで無病息災に通じると云われます。その習慣にちなみ、節分とかさなる2月3日を大豆の日としました。(ニチモウが制定)
●3月9日「雑穀の日」…豆も雑穀の仲間。ざっこくの語呂合わせで、この日になりました。雑穀のおいしさと共に、高い栄養価や機能性、作物資源としての重要性など、雑穀のすばらしさを伝えていく記念日です。(日本雑穀協会制定〜日本記念日協会が認定)
●4月3日「インゲン豆の日」…日本にインゲン豆を伝えた黄檗宗の開祖・隠元禅師が入滅された日に由来します。若さやを食べるインゲン豆、完熟したものを乾燥させた白インゲン豆や金時豆、うずら豆、とら豆など、たくさんの種類があります。(制定者、提唱者は不明)
●6月4日「蒸し豆の日」…6月は食育月間であること、6と4で「むし」の語呂合わせから、蒸し豆の日。素材そのものの風味や香り、旨みや栄養価を逃さない蒸し豆の良さを多くの人に知ってもらい、手軽に食べてもらいたいと願って制定されました。(マルヤナギ小倉屋制定〜日本記念日協会が認定)
●10月13日「豆の日」…古くは陰暦9月13日の「十三夜」に収穫に感謝して月見をする習慣がありました。その日が「豆名月」と云われた故事により、新暦では10月13日を「豆の日」としました。(全国豆類振興協会制定〜日本記念日協会が認定)
●11月11日「ピーナッツの日」…ピーナッツの新ものが出回る11月はピーナッツのおいしい季節でもあり、カラに2粒ずつ並んで入るピーナッツの様子が「11」と似ていることから11月11日を「ピーナッツの日」とされました。( 1985年全国落花生協会制定)
●11月23日「お赤飯の日」…古来より日本人の慶びの食事に、ハレの日の食卓に書かせなかった赤飯の歴史と伝統の継承を目的として、勤労感謝の日(新嘗祭の日)を「赤飯の日」に制定。(2010年アルファー食品制定〜日本記念日協会が認定)
◇ 毎月1日「あずきの日」(井村屋製菓が制定~日本記念日協会が認定)
かつて、毎月1日と15日に小豆ご飯を食べる習慣があったことから毎月1日にあずきを食す習慣を広めようと願い、制定されました。
◇ 毎月1日と15日は「赤飯の日」
赤飯運動実行委員会の有志が2010年頃から言い始めました。記念日協会等への登録申請は行わず、日本の旧き良き伝統を広く一般に浸透させ、未来につないでいきたいとピーアール活動を続けています。

10月13日は「豆の日」 全国豆類振興会により制定
おうちで道の駅

PageTop

全国道の駅連絡会

Copyright© All Nippon Michi-no-Eki Network All Rights Reserved.